WiMAXには3つの速度制限が!注意すべきは?

WiMAXの速度制限と一言で言っても実は3種類の速度制限あります。

  • ギガ放題プラン
  • ライトプラン
  • LTE

この3つの速度制限なんですが、それぞれ全く異なる速度制限となっています。

内容がそれぞれ異なるので、注意すべき速度制限も変わってきます。中にはかなり厳しい速度制限もありますからね。

今回はそれぞれの速度制限の違いについて解説しながら、注意すべきポイントを解説していきます。

快適なWiMAX生活を送るためにも内容をしっかりと理解しておきましょう!

 

3つのWiMAXの速度制限を解説!

では1つずつ速度制限の内容を見ていきましょう。

 

①ギガ放題プランでの速度制限

1つ目の速度制限がギガ放題プランでの速度制限です。

実はギガ放題プランと言っても本当に使い放題ではなくて、通信量の上限というのは設けられています。内容はこちら。

  • 直近3日間の通信量が合計10GBを超えた場合に1Mbpsの速度に制限
  • 制限がかかる時間帯は10GBを超えた翌日18時~翌々日2時の8時間

このような内容となっています。この速度制限はそこまで厳しくありません。

まず、そもそも10GBというのがなかなか到達する通信量ではありません。到達するとすれば最高画質で動画を観ていたり、あるいはずっと家にこもって動画を観続けている人とかでしょうね。

普通に使っている分には3日で10GBは到達することはないでしょう。

また、速度制限がかかる時間帯もそこまで厳しくありません。18時~2時の8時間のみなので、そこまでストレスは感じないでしょう。

それに速度も1Mbpsというネットをする分には十分な速度が出ます。

こういったことからギガ放題プランでの速度制限は気にしないで大丈夫なレベルと言えます。

 

②ライトプランでの速度制限

次にライトプラン(月7GBまで)の速度制限の内容を紹介します。

  • 月の通信量が合計7GBに到達したら月末まで128kbpsの速度に制限

ライトプランの速度制限はかなり厳しめです。先ほどのギガ放題プランでは1Mbpsでしたら、ライトプランでは128kbpsとガクンと速度が落ちます。

128kbpsがどれほど遅いかと言いますと、動画はまず固まりますし、ウェブサイトを開くのにも数十秒とかかってしまいます。

私自身はライトプランで契約していますが、使うのは外だけで、家では光回線を使うのでライトプランで何とかなっています。

ですが、もし心配でしたらギガ放題プランで契約した方がいいですね。

 

③LTE利用時の速度制限

3つ目の速度制限がLTE利用時の速度制限です。

WiMAXは人口の99%以上をカバーしていますが、それでも一部の地域では圏外になる場所もあります。

そんな時にauの4G LTE回線を使ってインターネットが使えます。


※LTE回線を利用するモードをハイスピードプラスエリアモードと言います。通常、1005円の追加料金が発生しますが、3年契約なら無料にしてくれるプロバイダーも多いです。


この時にかかる速度制限の内容がこちら。

  • WiMAXとLTEの通信量の合計が月に7GBを超えた場合、月末まで128kbpsの速度に制限

先ほどのライトプランと似た速度制限ですが、若干内容は異なり、実はこちらのLTEでの速度制限の方がやっかいな内容となっています。

理由はWiMAXとLTEの通信量の合計が7GBまでしか使えないからです。

ということは、仮にギガ放題プランで契約していたとしても、LTEと合わせて7GBを使った時点で速度制限がかかってしまうということなんです。

せっかくのギガ放題プランもこれでは台無しですよね…

ただ、このLTE回線は普通に使っている分には使うことはありません。

仮にLTE回線を使うとなっても、その時はちゃんと注意事項がWi-Fiルーターに表示されるようになっています。

気付いたらLTE回線を使っていたということはありませんので、ご安心ください。

 

 

WiMAXの速度制限が心配ならギガ放題プランで!

3つの速度制限について解説しましたが、とにかくヤバいのはライトプランとLTEでの速度制限です。

これらの速度制限は128kbpsという使い物にならない速度になってしまいます。

なので速度制限が心配ならまずはギガ放題プランで契約するといいでしょう。

WiMAXプロバイダーではギガ放題プランとライトプランを自由に切り替えることができます。

また、最初の数か月はギガ放題プランとライトプランの料金が同じプロバイダーが多いので、迷ったらギガ放題プランを選ぶといいでしょう。

まずはギガ放題プランで契約し、料金が同じ期間が終わるころに、どちらのプランで続けて行くかを決めるのがいいと思います。

 

■こちらの記事もどうぞ

 

SNSでもご購読できます。